マ イ ク ロ ト ロ ン

 
マイクロトロンは同じ加速器であるライナック(LINAC)に比べて、
大電流・低エミッタンス・低エネルギー分散・軽量です。
これらの特長を活かして、小型非破壊検査装置として活躍します。
 

 装置単体で1m以下の大きさであり、現場での橋梁・橋桁検査に適しています。サブミリのX線焦点サイズを容易に実現でき、高解像度のX線イメージを撮影できます。
 光子研では、1〜20MeVまでのマイクロトロンのラインナップを用意しております。

 

 

 

1MeVマイクロトロンX線発生装置「MIC1」のマグネトロンモデルです。

 

 

マイクロトロンの焦点サイズ

 

 マイクロトロン電子加速器MIC1及びMIC6の焦点サイズを計測しました。何と0.2mmでした。ライナック電子加速器では1mmが限度です。電子エネルギーが揃っていることにより、このような焦点サイズが実現し、素晴らしい解像度のX線イメージを撮影可能とします。

 

 

 

マイクロトロンX線CT検査装置のビームライン及び遮へい設備検討例です。

 

 

 

 

マイクロトロンのラインナップ

 

1 MeV

4 MeV

6 MeV

10 MeV

20 MeV

  1mev 4mev 6mev 10mev 20mev
エネルギー
[MeV]
0.5 - 1.5 3.5 - 4.0 5.0 - 6.0 8.0 - 10.0 12.0 - 20.0
ビーム電流
500 mA 250 mA 200 mA 200 mA 150 mA
ビーム出力
最大10 kW 最大10 kW 最大20 kW 最大20 kW 最大20 kW

 

 

 

 

↑TOPに戻る