テ ラ ヘ ル ツ 赤 外 線 吸 収 分 光

 

水溶液のテラヘルツ分光が可能な、民間で唯一の装置です

 

 従来、分子の指紋領域として分光分析に利用されてきたMIR(中赤外領域)は、分子内振動に対応します。FIR(遠赤外線)の中で100μm〜1mm付近の電磁波をテラヘルツ光と呼び、分子間振動や水素結合 などの弱い相互作用を反映します。そのため、水を代表とする極性溶媒のネットワーク構造情報が得られます。又結晶の格子状態の観測にも適しています。
 弊社MIRRORCLE-6FIRを光源とする、テラヘルツ分光装置の放射パワーは、大型放射光を凌ぎます。

 

 

 

分析例 : 水の吸収スペクトル

 

 

分析例 : アセトン混合水の吸収スペクトル

 

 

水の水素結合及び、アセトンの双極子相互作用が反映されています

 

 

 

分析装置 :

 

 

 

 

光源 MIRRORCLE-6FIR

波長測定範囲

 

10cm-1以上

(波長にして1mm以下)

分光器

フーリエ変換赤外分光光度計

検出器 シリコンボロメータ
試料形状 固体、溶液等(要相談)
分解能 0.25cm-1

 

 

 

 

 

 

 

↑TOPに戻る