X 線 回 折

 

X線回折でタンパク質の結晶構造を解析します

 

 X線回折(XRD)は、試料からの比較的広角度の散乱X線を計測することにより、原子の並び方などのオングストロームオーダーの情報を知ることができます。

 MIRRORCLE-CVシリーズを光源とする装置では、ターゲットを交換することにより、任意の特性X線を利用することができます。

 

 

 

分析装置 : タンパク質構造解析ビームライン

 

 

 

 

分光器チャンバー、タンパク質構造解析用のゴニオメータとCCD検出器のセット

↑TOPに戻る