生 体 顕 微 C T

 

生体顕微CTを開発中です

 

従来装置で2時間かかる撮影を10分で実施できるようになります。現在解像度5μmを達成しました。

 

 

 

撮影画像例 : 胸部ファントムの透過イメージング

 

 

 左の列は被写体の胸部ファントムとそのX線透過画像。右に行くにつれて、二つの腫瘍部位の1x、5x、10x拡大イメージです。5x、10x拡大イメージは明確に腫瘍が見えます。

 

 

 

 

撮影画像例 : メダカのCT断層画像

 

 

 

全長3mmのメダカCT画像。右図が、左図の赤線で示す方向の断層撮像で、断面は約0.5mm幅です。約10μm分解能が得られています。骨の代わりに柔らかい組織が見え、器官がはっきりと識別されています。

 

 

 

 

撮影画像例 : 豚レバーの透過イメージング

 

 

豚レバーの透過イメージング画像。血管の様子がよく映っています。

 

 

 

 

開発中の分析装置 : 20倍拡大サブミクロンX線CT装置

 

 

       

         ターゲット

 

光源 MIRRORCLE-400
X線エネルギー 10〜100keV
検出器 X線ラインセンサ
試料サイズ 数cm以下
分解能 1μm未満

 

 

 

 

 

 

 

↑TOPに戻る