コ ン ク リ ー ト 構 造 物 非 破 壊 検 査

 

60cm厚のコンクリートを検査可能です

 

 つくばの土木研究所から取り外した橋梁の診断を委託され、MIC1を使用して実施しました。

 崩落前に取り外された橋梁が集められており、橋梁劣化の原因を研究するため、X線で非破壊検査することを委託されました。奥に見える青のトラックに装置を載せて、橋梁を移動して測定しました。

 

 

 装置の重量は300kg。将来的には、これをロボットアームの先端に取り付け、実際の橋梁を検査できます。ロボットアームや高所作業車を所有する会社とのコラボを希望しています。心当たりがありましたらお知らせください。現在の ところ60cm厚のコンクリートを透過撮影できるのは弊社の装置だけです。現場で60cm厚コンクリート内部の精密検査が可能です!

 

 

 

撮影画像例 : コンクリートブロックのCT撮影画像

 

 

コンクリートの密度差や、内部鉄骨の状態を鮮明に確認できます。

 

 

 

分析装置 : 

 

 

 

光源 MIC1-RT
X線エネルギー 950keV
検出器 イメージングプレート
最大測定厚さ 60cm

 

 

 

 

 

 

↑TOPに戻る