密 度 分 布 測 定

 

中性子を使わずに、軽元素・重元素の密度分布がわかります

 

 

弊社のMIRRORCLE及びマイクロトロンを使用したCT装置は、密度分布測定に適しています。

 

 

撮影画像例 : 金属ロッドのCT撮影画像

 

 

 銅を基準として密度比を求め、グレーバリューと比較すると、グレーバリューと密度比はよく一致している。ただしアクリルのような密度が小さいものでは誤差が大きい。
  銅と真鍮のように密度差が0.4g/cm^3あれば、明確に区別できることがわかります。

 

 

 

分析例 : チタン製タービンブレードのCT撮影画像

 

 

矢印部分に意図的に酸化物を埋め込んだサンプルです。わずかな密度差を明確に判別できています。

 

 

 

分析装置 : 

 

 

光源 マイクロトロン

X線エネルギー

1,4,6MeV

検出器 フラットパネル検出器
最大試料サイズ 50 x 50 x 50cm
分解能 0.3mm






↑TOPに戻る